嫌われるうざいバックパッカーの5つの特徴

スポンサーリンク
嫌われるうざいバックパッカーの5つの特徴 バックパッカー

バックパッカーの話を聞いたらバックパッカーが嫌いになってしまった人っていますよね。自分の自慢のばかりでうざくなっちゃうことも多いですよね。バックパッカー目線でもうざいバックパッカーの特徴を紹介します。

トーマ
トーマ

バックパッカーになったら世界観変わっちゃったよ!

スポンサーリンク

武勇伝を聞かせる

聞いてもいない武勇伝を永遠に話してくるバックパッカーっていますよね。仲良しの友人ならお互い楽しい話になると思います。

でもちょっとした友人とかならうざいですよね。

例えば、大学を休学して帰ってきたばかりの少し話したことのある友人バックパッカーとかです。

トーマ
トーマ

こんなやばいことがあってよーマジでやばかったよーそれでさー…

こいつの武勇伝は本当につまらない。永遠に話してますからね。

たぶん話したいんでしょうね。

こんな武勇伝とかどうですか?↓

貧乏旅行アピールをする

バックパッカーはこれを自慢しますよね。すごいと思っても羨ましいとは思わないようです。

  • 300円の宿でドミトリーだった
  • 50円の食べ物を食べてたぜ
  • 値切るのは当たりまえ
  • 日本でも値切ってみようかな?

普通に旅行した方が良くない?って反応が返ってきます。

そうすると絶対に言ってくることがあります。

トーマ
トーマ

こういう経験も一度は必要だぜ?

うざいですね。

 

普通の旅行を馬鹿にする

バックパッカーだった人に海外旅行に行ってきたと話すと馬鹿にしてくる人がいます。

トーマ
トーマ

海外来たのに観光地周って楽しいの?もっと楽しい現地を周ろうよ!

ちょいうざいけどわかるような気もします。現地に踏み込んでみたいけど少し怖いからってのはありますよね。

一番ウザいのはこれだよね!

「3泊4日だったけど楽しかったよ!」

トーマ
トーマ

3泊4日じゃその国のこと全然わからないでしょ?もっと長く旅行行かないー!

トーマのように暇じゃないんだよ!一週間も休み取れるわけないでしょ!

これを言うとバックパッカーはだんまりしちゃうと思いますよ。

二週間あれば東南アジアは1周できるので上手く有給休暇を取れれば…

英語の自慢をしてくる

トーマ
トーマ

いやー日本語通じないから英語で話してたよ。やっぱり現地にいると英語も自然と上手くなるよな。もっと日本は教育を変えるべきだよ。

これもうざいですよね。

でもこれ言われて本人もしっかり英語力が上がっていれば納得できるところもあるし、すごいなーと思いますよね。

でもこれがなっていなかったら?

出川イングリッシュを身に付けていたってことがよくあります。英語で話したアピールをしてるのに英語上手くなってないじゃん?

トーマ
トーマ

英語なんてフィーリングだよ。伝えた気持ちが大事そうすれば通じるんだよ!

お前英語力が上がったわけじゃないじゃん?

これはよくあるうざいバックパッカーですね。バックパッカーでわりと英語話せないことが多いんですよね。

でもこんな記事を読むと割と説得力ありませんか?↓

犯罪をアピールする

  • 日本では禁止だけどー
  • 海外だと実質合法ー
  • アレとか楽しかったー

うわーーうざいバックパッカーだって感じ。

これに関してはうざいとか言うより犯罪ですからね。ただのうざい人認定されるだけじゃなくて、本当に縁を切る対象になっちゃいますね。

トーマ
トーマ

あーこれ海外ではオッケーなのになー

ここ日本だからねってなりますよね。

例えばこんな話とか↓

うざくないバックパッカーもいる

たぶんそのうざいバックパッカーは元々嫌われていたってこともありますね。

僕ならこんなうざい話はお互い酔っ払った時とかしません。すごい興味ありそうに聞いてきたら答えるけどって感じです。

バックパッカーの人はあまり自分語りをし過ぎないようにしましょう。仲良くもない人が聞いても不快なだけですよ!

バックパッカー目線的なうざいであろうバックパッカーでした。

タイトルとURLをコピーしました