スポンサーリンク

カンボジアプノンペンの観光スポット/トゥールスレン博物館とキリングフィールド

カンボジア

こんにちは。トーマです。実際に行ってきたトーマのリアルにオススメな観光スポットを紹介していきます。カンボジアといえば、シェムリアップのアンコールワットを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、カンボジアにはアンコールワットだけでなく、他にも見るべき観光スポットがありますよー。

カンボジアプノンペンとは?

アンコールワットのあるシュムリアップが首都で一番栄えてるんだーと思っている人も多くいるでしょう。しかし、カンボジアの首都はプノンペンです。

メコン川流域にあり人口100万人ていど暮らしていると言われています。

またフランスの植民地だったこともあり、植民地時代に都市改造を行い、街中が整備されました。その結果「東洋のパリ」と言われるくらい街中はフランス風なところも多くあります。

トゥールスレン虐殺博物館/S21

カンボジアの歴史を知るにはここに行くべきでしょう。ポルポト政権の残虐や理不尽さなどを実感することができます。ここは、かなり重い雰囲気があり少しグロテスクな所もありますので、そういったことが苦手な人は行かないほうが良いでしょう。

ポルポト政権は1975年に実権を握り、極端な共産主義志向のもと、都市の住民らを農村に強制移住させ、強制労働や拷問、虐殺を繰り返した。病気や餓死を含め人口の2~3割にあたる約170万人が犠牲になったとされる。

https://www.asahi.com/articles/ASM174RGQM17UHBI00G.html

元々学校だったこともあり外観は学校そのものです。当時の政権に邪魔であった知識人たちを収容し拷問虐殺していた施設です。

中には、生々しい拷問道具、檻、虐殺された人たちの当時の写真、血痕など当時の状態を見ることができます。館内もかなり自由に見ることができるので1時間ていど時間があるとゆっくり見ることができるでしょう。

中に入る際に日本語音声ガイドを有料1000円程度で貸し出ししているので、ツアーではなく個人で来る人は借りてみると良いでしょう。

男性A
男性A

カンボジアにきたら必ず行くべき!

女性A
女性A

つらい過去だからこそ忘れずに後世に残すことは大事だと感じました。

男性B
男性B

国籍に関係なく、お互いの尊厳や思いやりの大切さを深く確認させられる建物です。

男性C
男性C

日本語音声ガイドは必須です!日本のいまの平和を改めて感謝できました。

トゥールスレン虐殺博物館の所在地/営業時間

住所/所在地:សង្កាត់​បឹង​កេងកង​៣ ខណ្ឌ​ចំការ​មន, St 113, Phnom Penh 12304 カンボジア

営業時間:8時~17時

キリングフィールド

ここは、トゥールスレンの囚人たちを処刑するための施設です。当時の人口の3分の1の300万人がキリングフィールドで処刑されました。

どのように処刑されていくかの絵があり、処刑方法なども見ることができます。

キリングフィールドの1番有名なものが「キリングツリー」です。キリングツリーは幼い子供たちを処刑するために使った木です。子供の両足を持ち上げ木に向かって頭を打ち付け処刑するということがされていました。

またキリングフィールドは、映画化もされているので行く前に映画を見るともっと深く考えることができると思います。 この映画はピューリッツァー賞を受賞したシドニー・シャンバーグ氏の実体験を元に作らています。

男性A
男性A

映画で見て一度は行きたいと思っていました。 トゥールスレン 虐殺博物館と一緒に見ると良いでしょう。世界の平和に感謝!

女性A
女性A

人骨や当時の衣服、写真などがありました。とてもじゃないけど写真を撮る余裕など私にはありませんでした…

男性B
男性B

日本語音声ガイドはあったほうが良いと思います。聞きながら回って二時間くらいでした!

なんて言えばいいのかわからない感情になりました。町から少し離れてますが行く価値はあります。

キリングフィールドの所在地/営業時間

住所/所在地:ផ្លូវជើងឯក, Phnom Penh, カンボジア

営業時間:7時半~17時半

カンボジア独裁政権へ逆戻り?

写真もアップロードしようと思っていたのですが、運悪く当時の画像が全て消えてしまいました。少し重い内容の記事になってしまいましたが言葉だけでは、伝えきれないものがあります。

そして今またカンボジアで同じようなことになるかもしれないと言われています。

かつての独裁政権下で、虐殺や強制労働などによって170万人以上もの命が奪われたカンボジア。いま、あの「暗黒」の時代に逆戻りするのではないかという不安が渦巻いています。 こういったカンボジア独裁政権の「暗黒時代へ逆戻り」などニュースも最近多くみられています。カンボジアだけでの問題ではなく、同じアジアの国として私たちも考えるべきでしょう。そういった意味でも再度カンボジアの歴史直視する意味で、ポルポト政権時代の「トゥールスレン虐殺博物館/S21」と「キリングフィールド」など観光してみてください。

https://www.sankei.com/west/west.html

ゆっくり過ごせるプノンペン

プノンペンはゆっくり時間が流れていて「東洋のパリ」と言われるくらいキレイな街並みです。とても大虐殺が行われた場所とは思えないほどです。

トーマ
トーマ

ステーキが本当にうまい!!

トーマ
トーマ

ビールが50円とか最高!

物価もビールジョッキで50円、ステーキ200円、ポテトフライ50円など、とても安く楽しめます。このステーキもカンボジア特産の胡椒がふんだんに使われていて、ちょーおいしいです。観光を終えたら、リバーサイドでビールとステーキを食べながらゆっくり過ごすのも良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました